10代、20代の青春真っ只中にいる男女の皆さんにとって、お肌の悩みナンバーワンといえばニキビですね。

私も若い頃、ニキビには散々悩まされました。40代の今となってはもうさすがにニキビで悩まされることもなくなりましたが、小学校6年生のころ小鼻のあたりに人生初のニキビができてからというもの、確か30歳くらいまでの20年間は、ニキビに悩むことが多かったです。

たかがニキビ、されどニキビ。他人のニキビは所詮他人事だからさほど気にならないけど、自分の顔や背中に大きなニキビが出来た時はもう最悪ですよね。特に女性の場合は大問題ではないでしょうか。

思春期になると誰でも皆、皮脂腺のはたらきがさかんになるので皮膚が脂性にかたむきます。それが原因でニキビができるのです。 

毛穴に角質と皮脂成分が詰まることで、毛穴を中心に皮膚がふくれてきてニキビとなります。

私も中高生、大学生の頃は手鏡を常に持ち歩き、一日に何度も自分の顔に出来たニキビを観察していました。出来はじめのニキビは、ついつい自分の指や爪で周りを押してみて、つぶしてしまいたい衝動にかられます。

つぶさない方がお肌の為に良いということは、誰かに聞いたかどこかで読んだりして、自分でも頭では分かっているのですが、ニキビの中心に黄白色の脂肪の柱(かたまり?)みたいなものが見えると、もう我慢ができなくなって、しょっちゅう指で、その黄白色の脂肪の塊を押し出していました。そして出てきた脂肪の塊を眺めては「なんかすごいな・・・」としみじみ思ったりしたものでした。

でも、青春のシンボルニキビ問題はここからが本番なのです。

初期のニキビを自分でつぶして脂肪柱を出す段階までは、周囲の皮膚はまだそれほど赤くはなっていないはずです。この後です。

ニキビが赤みを帯びると同時に少し大きくなって皮膚もふくれて目立ってくるのは。 場合によっては痛みも加わってきます。悲しい現実です。

この症状は私も何度も経験しました。特に、夏場に背中ニキビが出来てしまってこういう状態になった時は、泣きそうなくらい最悪な気持ちになったのを覚えています。夏は着る服もぺらぺらだし学校でも学校以外でも水着になる機会も多々ありますからね。

ニキビができにくい身体になるには、食生活に気を付けるとかストレスをためないとか、睡眠不足にならないようにするとか、毎日丁寧に洗って皮膚を清潔に保つとか、便通をよくするとか、そういうような事が世間ではよく言われているのですが、出来てしまったニキビはどうしようもないですよね。

問題は、いかに出来るだけ早くニキビを治すか、皮膚の赤みを目立たないようにするかです。

むやみやたらと赤ニキビを触ると、細菌感染を併発してしまってもっと最悪なことになるかもしれないので、指で触るのはやめましょう。

皮膚科へ行ってお医者様に診てもらうのが一番いいんでしょうけど、ニキビをつぶす度にいちいち病院へなんて行ってられないですよね。お金もかかりますし。

私の場合はそんな時、家にあったオロナイン軟膏をニキビ跡にたっぷり塗ることにしていました。

今の若い方は使ったことがないかも知れませんけど、けっこう効くんですよオロナイン。少しべたべたしますけど、ぬるとすぐに透明になりますしね。ニキビやちょっとした切り傷にはオロナインH軟膏。おすすめです。

 お風呂上がりの寝る前に、赤ニキビの上にたっぷりと塗ってみてください。翌日には少し軽減されていると思います。 

ビフナイトもいいですが、オロナイン軟膏も一度ためしてみる価値はあると思います。