思春期にひどいニキビに悩まされ、大人になってからは状態は落ち着きましたが、ニキビ跡の赤みがずいぶん残ってしまい、気になりました。

自分なりに研究し、いろいろな化粧品を使いましたが、それほど改善はしませんでした。家庭用のピーリングを使用し、かぶれてひどい目にあったこともあります。

美白には興味があり、日焼けや肝斑のしみは美白化粧品でそれなりに改善したように思いますが、ニキビ跡の赤味についてはあまり効果を感じたことがありませんでした。

効果があったのはクリニックでの施術です。それほど大規模に宣伝している知名度のあるところではなく、単に生活範囲からアクセスが良いだけで選んだのですが、待合室でビフォーアフターの写真を見たり、最初のカウンセリングを受けたりしているうちに信頼感が増してきました。

私が受けたのは、ダーマローラーという施術です。

ニキビ跡の施術にもいろいろな方法がありますが、私の場合は、皮膚が薄いのでピーリングはあまり適していないと言われました。

また、目立つ赤みは、皮膚の陥没(クレーター)と一緒になっているところが多いので、肌自体を再生するような施術が良いそうです。

ダーマローラーというのは、ようするに細かい針がたくさんついたローラーで顔をなで、傷をつけて、肌の再生を促すような施術です。

痛いし血がでるし、術後数日間は顔が真っ赤に腫れてしまいます。

クリニックなのでアフターケアの商品等もあるのですが、正直針で顔さされて高いお金払って何やってるんだろうという気分にはなります。

しかし、効果は絶大で、数回通って肌は改善しました。

赤味はほとんど消えましたし、クレーターも薄くなりました。

そこのクリニックでは、化膿しないよう、ダーマローラーは基本的には真夏は施術せず、また施術と施術の間は二か月程度開けるのが基本でしたので、一年以上はかかりましたが、きれいにはなれました。

値段が高いのと、痛い、術後の顔の赤み等があるので、気軽に人にはすすめられません。

今では家庭用の機器もあり、要するに針で顔を刺すだけで、インターネットを見ると自分でトライしている人もいるようですが、自分でやるのはかなり怖いと思います。

ちなみに、赤みは消えましたが、以前赤かった場所は、肌の質感というか、すこしだけきめがあらくなったような状態で、完全に真っ白につるつるになったわけではなりません。

陥没が深いところは、まだ残っていますし、赤みというより、へこんでいるから影ができてしみのように見える箇所もあります。

ですが、施術以前よりは圧倒的にきれいになれたので、満足しています。