ビーグレンのまわしものではないのですが(笑)10代のころから気になっていたニキビ跡の赤みがかなりきれいになってきました。20歳を越えても残るニキビ跡を気にした母が頼んでくれたものです。

まずお試しセットでニキビ跡を治したいというコースのものを注文しました。洗顔クレイと化粧水とCセラム(ビタミンC誘導体)ともうひとつありました。たぶん肌の調子を整える美容液だったと思います。

そのお試しセットでそれまで跡もあったせいでがさついていたお肌がすぐにしっとりしました。すぐに赤みは消えないまでも炎症が少し治まったように思いました。ニキビ跡には関係ない部分の肌もしっとりし、つやも出て嬉しかったです。

たとえ赤みがあっても肌が少しでもきれいになると気分はよくなるものです。お試しセットは大きめだったので1ケ月はゆうにもちました。

さて、調子がいいのでその後何を使っていくかですが、洗顔クレイは特に必要性を感じなかったのでよしとして、それ以外はほしいなと思いました。しかしすべてをそろえるとけっこうなお値段。

母には全部は無理だからとくぎをさされました。買ってもらうつもりなので文句は言えません。

化粧水とCセラムだけ注文することに決めました。母はできればCセラムもやめてほしそうでしたが、調子がよいもとはCセラムだと感じていたのでそこは強くお願いしました。

それからはずっとビーグレンの化粧水とCセラムを使っています。もう半年はたったでしょうか。

その間化粧水を買ったのは1回だけ。大きさもけっこうあるので長い間もち、お得感があります。

ニキビ跡の赤みはいつのまにか気にならなくなり、それよりも何よりも嬉しいのは肌のつやが増したことです。

赤みがあるときは何かと薬のようなものをぬっていたせいかかえって荒れてしまい、ガサガサになっていたときもあったので。Cセラムはやっぱりいいです。もう2本目がなくなりかけています。これをぬるとぬらないとでは肌の調子が明らかに違います。もう手放せません。

本当は、化粧をやめればもっと肌の調子もよくなるのかもしれませんが、日焼けも怖いし、ダンスもしているので化粧をしないわけにはいきません。

それでもふだんはファンデーションをしっかりつけるのはやめて、化粧下地(これが肌のためにはよくないとは思いますが)をつけ、そのうえにはパウダーファンデーションでなく粉おしろい(プレスドパウダー)を軽くはたくだけにしています。肌の呼吸が少しでもできればと思って。

まだニキビ跡の赤みは完全になくなったわけではありませんが、長い時間かかってなってしまったものは長い時間かかって消えていくのが当然でしょうから、気長に治るのを待とうと思います。

自分が思うほど人は気にしていないと強く思い込むことにしています(笑)。