ちゃんとケアしたはずなのに、ニキビ跡の赤みが残ってしまった・・・・すぐに消したい!

そんな時によくやるのが、コンシーラーやコントロールベースで隠すと言ったその場限りの処置ですが・・・逆効果になってしまうことも

ニキビ跡の赤みはそもそも炎症の一種ですから化粧品やメイクで隠すことは出来ても根本的に治らないんですね。それどころか、肌環境が悪化してしまい逆にまたニキビができてしまう原因にもなるんです。

実は私も、どれだけちゃんとニキビケアをしても赤く跡が残ってしまうことが多くて困っていました。

市販のニキビケア商品から口コミで話題の通販限定のものまで幅広く試しましたが、その中でも私がニキビ跡の赤みを消すのに効果があった!と思ったものを5つご紹介します。

ニキビ跡の赤みに効果があったおすすめの化粧品

  1. リプロスキン公式サイトスクリーンショット

    リプロスキン

    価格 5.0
    使用感 3.5
    効果 4.0
    価格:
    3,980円(税込)、定期コース
    容量:
    100ml

    単なる化粧水じゃない!リプロスキンはニキビ跡ケア用の薬用化粧水なんです。潤いを保つだけのただの保湿とは違って、浸透力と使用感が圧倒的に実感できます。

    その秘密は肌への浸透力を追求したトリプルブースターシステムのおかげ。3つの浸透向上作用によって肌に必要なうるおいや美容成分を角質層まで届けて健やかな柔らかい肌へ!

    レビュー

    リプロスキンを使ったらニキビ跡の赤みが消えただけでなく、肌が柔らかくなったのが実感できました。今までの硬い肌を考えたら、そりゃあニキビ跡は消えないわ・・・と反省したくらいです。ネットの口コミで見かけた痒みなどは私にはありませんでした。3週間ちょっとしてから「お、赤みが薄くなったかな?」と効果を実感しました。

    商品詳細を見る

  2. エクラシャルム公式サイトスクリーンショット

    エクラシャルム

    価格 5.0
    使用感 3.5
    効果 4.0
    価格:
    5,280円(税込)、定期コース
    容量:
    100ml

    ニキビの悩み全般に答えてくれるのがエクラシャルムです。薬用・無添加・日本製と安心安全で敏感肌の人にもおすすめです。

    しかも、敏感肌・脂性肌の両タイプに対してケアできます。肌の保湿はもちろんのこと、自然由来成分をたっぷり配合しているので肌の内側からキレイにしてくれるのでニキビ跡の赤みを消すのにも大活躍!

    レビュー

    エクラシャルムはニキビケアに使えるオールインワンタイプの化粧品なのでコレ一つあればベースはOKという便利さが気に入っています。ただでさえダメージを受けているニキビ跡が残っている肌にアレコレ試すのはちょっと・・・と思っている人にはおすすめです。ニキビケアが出来るだけでなく、時短ができる、他に化粧品を買わなくて済むので節約にもなるので一石三鳥!

    商品詳細を見る

  3. パルクレール美容液公式サイトスクリーンショット

    パルクレール美容液

    価格 5.0
    使用感 3.5
    効果 4.0
    価格:
    5,200円(税込)、定期コース
    容量:
    100ml

    赤み、凸凹、色素沈着、クレーター・・・パルクレール美容液はニキビ跡の悩み全般に答えてくれる高濃度美容液です。しかも、業界初の「永久返金保証付き」。商品のこだわりと自信がないとできませんよね。

    パルクレール美容液はニキビ跡の悩める肌トラブルを一挙に解決してくれる救世主です。

    レビュー

    パルクレール美容液は商品そのもののとてもいいのですが、まずは私は同梱されていたカラーコントロールが大助かり!単なるCCクリームではなく、ニキビに有効な成分も入っているのでニキビ跡の赤みをすぐに消すことが出来る上にケアできるというスグレモノ。今すぐ消したい!でも、ちゃんとケアもしたいという方にはベストです。

    商品詳細を見る

そもそもニキビ跡の赤みの原因って?

ニキビ跡には色素沈着してシミになってしまうものや凸凹が残るいわゆるクレーターなどがありますが、一番多く見られるのが赤みが残るタイプです。

顔に多く残ってしまうと目立ちますし、放ったらかしにしてしまうとシミやクレーターに発達してしまい治りにくくなってしまいます。

逆に言えばニキビ跡の赤みが出ているうちにちゃんとケアして肌環境を整えてあげることによって、ひどくなるのを防ぐだけでなくニキビそのものができにくいお肌を作っていくことが出来ますので時間をかけてでもきちんとケアすることが大切です。

そんな赤みがあるニキビ跡の原因は簡単に説明すると「ニキビによってダメージを受けた肌を修復している途中」ということ。

よく次のニキビが出来る前だと勘違いする人もいるようなのですが、違うんですね。

私達の体に備わっている自然治癒力が頑張っている証拠なんです。

ですので、ニキビ跡の赤みは「消す」というよりは「治癒を早める手助けをしてあげる」というスタンスが大切になってきます。

早くニキビ跡の赤みを消したいからといってやってはいけないこと

ニキビ跡の赤みはケアしたからといって今すぐに消えるものではありません。

人に見られたくない気持ちは十分にわかりますが、決してやってはいけないことがあります。

それは・・・やたらと化粧品を使って隠すことです。

カラーコントロールやファンデーションなどで赤みやシミ等、見た目を隠すことはできますがただでさえ荒れている肌にさらに負担をかけてしまうことはおすすめしません。

また、古い皮膚の角質を除去することが良いとはいえ、過度な洗顔やピーリングもNG。

皮膚が治ろうとしているところに、余計なことをするとそれだけ正常な肌環境が遠のくことになります。

とはいえ、なんとかニキビ跡の赤みはできるだけ早く消したいですよね。

そんな時はニキビケア用のカラーコントロールなどを使うとよいでしょう。

肌のターンオーバーを促進するような成分を含むものが配合されているものもあるためニキビ跡の赤みを隠しつつケアできるスグレモノです。